首イボをヨクイニンエキスクリームで自宅ケア!イボ取りを自分でする方法

首イボが気になるなんてことはありませんか?

首のイボはポツポツと少なかったのが10個や20個とどんどん増殖をしてたくさんできてしまいます。年寄りイボとも呼ばれ、見た目が非常に気持ち悪く取りたいと考えるのは当然のことだと思います。

しかしながら、イボと言っても種類がたくさんあるので、間違った薬やクリームを使って全く効き目がないなんて失敗をしてしまう人も多いです。

首にできるイボとして多いのが老人性イボと呼ばれる、紫外線の肌へのダメージやターンオーバーの低下で発生をする症状です。ウイルス性イボとは違い、感染が原因ではなく角質が関係をしているので、数が増えてしまうことが特徴としてあります。

このイボケアの基本となるのはハトムギより抽出されるヨクイニンエキスが大事な成分となっています。

ここでは本気で首イボを取りたい人に向けて正しいケアの仕方について解説をしています。イボを取りたいと考えている人は間違ったケアで失敗をする前にご覧ください。

そもそも首イボとは?老人性イボとは?

首イボの多くが老人性イボ

首イボは老人性イボと呼ばれ、30代をこえた辺りからあらわれる人が多く、人によっては20代の頃から悩まされる人もいます。

洋服の襟(えり)に擦れたりすると痛みを伴うこともあり、見た目的にも決して良くありません。

首イボは足などにできるウイルス性の悪性腫瘍とは違い、大抵が良性の腫瘍となります。そのため、人体に影響がでる病気ではありません。大きさによって呼び名が異なりアクロコルドンやスキンタッグと呼ばれます。

角質粒と呼ばれる、古くなった角質が固まってできたものもあります。

昔であれば病院での手術だとハサミを使って切ったりと痛みを伴うことがありました。
しかし、最近では病院へ行かずに除去する方法もありますし、痛みを我慢する必要もありません。

取り除くためにめんどうなことは無いので、多くの人が除去するために治療を行っています。

ヨクイニンエキスのクリームで自宅でケア!安くて良い化粧品が多い

艶つや習慣の使用写真

首イボを取りたいのであれば、自宅でケアをするか病院で切るまたは液体窒素です。しかし、液体窒素は治療の後が残ってしまうだけでなく、治療中の痛みに耐えなければなりません。

そのため、人気があるのが自宅で簡単できるヨクイニンエキス配合の化粧品でのケアです。

ウイルス性イボであればそもそものウイルスを除去しなければなりません。しかし、老人性イボであれば原因が肌機能の乱れにより角質が付着したままとなっていることです。

そのため、化粧品で肌の状況を改善させ、角質を排出する働きを正常にすることが大事となります。

老人性イボは悩んでいる人が多いだけあって、様々なケア用品が販売されています。その中でも安くて効果があったと評判のが艶つや習慣と呼ばれるものです。

ヨクイニンが含まれたイボケアクリームはあるものの、価格が高いのがあったりと値段にばらつきがあります。そんな中艶つや習慣は初回が約2000円ほどで購入できるにも関わらず、効き目があったと評判が高いです。

そのためか今までにシリーズで累計60万個以上もの販売がされるようになりました。病院ではなく、自宅でイボケアをしたい人であれば、安くて評判も良く私も使ったことがあるのでおすすめです。

艶つや習慣の口コミ体験談!実際に艶つや習慣を使った口コミ

首イボを除去する2つの方法!自宅ケアと病院での治療の詳細

自宅で取るか病院で取るか

■自宅での治療

自宅で除去する方法としてはジェルやクリームを利用するのが一般的です。ハトムギエキスなどが配合されている専用のクリームを入浴後につけておくことで、根元からポロリと剥がれ落ちてくれます。

ハサミで切ったりしてからだを傷つけるわけではないので、傷跡が残ってしまう心配をする必用はなく、痛みを伴うことはありません。

薬局やドラッグストアでは販売していないことも多く、ネット通販などで手に入れる人が多いです。保湿成分などの美容成分も同時に配合がされているので、首イボの治療を行うとともに、角質粒ができないケアを行うことができます。

毎日、つけるだけで面倒な手間が全くないので自宅で治療を行う人が増えています。

■皮膚科での治療

皮膚科や形成外科で治療手術をすることができます。

方法は3種類あり、ハサミで切り取る・レーザーで焼き切る・液体窒素を利用すると症状や医者によってもどの方法を行うかは異なってきます。健康保険が適用される場合とされない場合があるので、手術前に医師に確認を行った方がいいです。

病院での治療では痛みを伴うことも多く、傷跡として残ってしまうこともあります。首イボはたくさんあるので施術後は一時的に絆創膏(ばんそうこう)を張って取り除いた後がキレイになるまで隠したりする人も多いです。

健康保険が適用されれば費用はそこまで高くありませんが、病院へ通院しなければいけない人もおり、めんどうだと感じる人は多いです。

皮膚科での治療をしても再発する!治療後は薬やクリームでケア

首イボは皮膚科で治療を行ったとしても再発する可能性があります。治療方法から考えてもらうと分かりやすいのですが、角質粒ができた原因を取り除いているのではなく、強引にイボの除去を行っています。

そのため、原因が改善されている訳ではないので、また、ポツポツとあらわれる人は非常に多いです。

角質粒がターンオーバーが上手く行われないために古い皮膚の細胞が剥がれ落ちづに角質となり残り、時間をかけて蓄積されたものとなります。
皮膚科で治療をした後には再発をさせないために保湿などをしっかりとして古い細胞が新しい細胞に生まれ変わる働きであるターンオーバーを促進させるようにしましょう。

除去するだけではなく、その後のケアをしっかりと行うのが必要となります。

艶つや習慣が人気な理由

艶つや習慣を使って自宅で治療する人が多い理由は根本的な原因を取り除くことができるからです。

ポツポツとできる首イボはターンオーバーがうまくいかなかったために出来た角質粒。
そのため、皮膚科でレーザーやハサミで切り取ったとしても、液体窒素をつけて取り除いたとしてもターンオーバーをうまく行えなければ再発することが多いです。

艶つや習慣はすでに出来ている首イボをハトムギエキスでやわらかくしてポロリと根元から落とすだけではありません。

あんずエキスやプラセンタエキスによってによってターンオーバーをサポートする働きがあります。除去するとともに再発を防止するためのサポートを同時に行うことができるのですね。

首イボを取り除いたとしても肌のコンディションが変わっていなければ、繰り返しあらわれてくるので、そのたびに治療をしなければいけないのですね。何度も通院をする手間が一切かからないので利用者が増えているんです。

多くの人が3ヶ月程度を目処に利用します。首イボの除去ができたとしても、また悩まされないようにするために1ヶ月、2ヶ月余分にケアを行っておくのですね。

除去だけすればいいのであれば、単品購入でもいいかも知れません。
しかし、また悩まされないようにするためにも3ヶ月程度、利用してみてはいかがでしょうか!?

カテゴリー

最近の記事

  1. 20代の首イボに悩む女性
  2. 子供と夫と妻にうつる
  3. 首イボが取れた女性
PAGE TOP